曽束政昭
04

私なら乗り換えついでに
サクっとイケ麺

IKEMEN!

Influencer 04

曽束 政昭さん

京都や神⼾からの帰りに、昼夜問わず⽴ち寄れるのがイイ。各店の多彩な麺メニューの中からセレクトするのは迷ってしまうけど、満⾜度の⾼いイケ麺たちをハシゴしてよし、連⽇来てもよし。⾏きつけにしたいですね!

HOW TO ENJOY ME!

OSUSUME1

曽束 政昭さんのオススメ

もっちり打ち立て麺と特製スープ

店内打ち立ての自家製麺がウリ。北海道産小麦の太めの麺は、ツルリとのど越し良く、もっちりとした讃岐うどんにも近いニュアンスが楽しめる。スープは豚骨と鶏ガラベース。削り立ての鰹節も名脇役で、特注の削り機で0.01mmに仕上げ、驚くほどシルキーな口溶けだ。スープに浸せばグングン旨みが溶け出し、じんわりダシ感が増すのがたまりません。鹿児島県指宿産の「一本釣鰹本枯節」なる最高級品。他に、もう一つの看板メニューのつけ麺はもちろんのこと、大阪限定濃厚味噌らーめんもぜひもの。こりゃ通うしかないっ!

らーめん・つけめん

らーめん ⽟
お問い合わせ : 06-6940-6250
OSUSUME2

曽束 政昭さんのオススメ

刺激アレンジを極めたい

こちらは「NIPPONの担担麺」がメインのお店。チャーシューをのせたあっさり辛さ控えめの「白担」と、挽肉をのせたコクと辛さがしっかりの「赤担」の2麺が基本。旨辛の麻婆豆腐を麺に載せた麻婆麺は、特性太麺、〆めし付き。味変アイテムも豊富で、あっさりさせるライチ酢、シビレを増す山椒、辛味の辣油、コク増しのすりゴマを組み合わせるなど、足繁く通って自分にぴったりの味を追求したくなる。〆めしの上には粉ガツオと炒めたニンニクの芽がちょこんとのって、残ったスープにダイブさせる。スープの旨みを余すこと無く完食できるので、ガッツリ食べたい派にはうれしい限りだ。

担々麺専門店

正式担担麺美食庁 四川辣麺
お問い合わせ : 06-6485-0132
OSUSUME3

曽束 政昭さんのオススメ

蕎麦香る特製麺をすする快感

一見、よくあるつけ麺かと思いきや、何とこちらの麺には蕎麦粉が配合されている。確かにそのまま2~3本をすすれば、フワリと香ばしい蕎麦の風味が広がる。ツルリと滑らかな表面でのど越しも良く、噛むほどにつけ麺の印象から田舎打ちの蕎麦のような香りがやってくる。濃厚な豚骨スープにひたせば、蕎麦の香りなど隠れてしまうのでは? と危惧したものの、まったりの豚骨と節系の魚介風味の風味の後に、しっかり蕎麦の存在感。ゴツめの豚角煮も食べ応えあり。他にも、魚介鶏スープの淡麗つけそば、魚介辛豚骨の旨辛つけそばから選べ、各具のオプションメニューも魅力的。

つけそば

つけそば専門店 五常
お問い合わせ : 06-6131-7247
OSUSUME4

曽束 政昭さんのオススメ

本場の生地を打ち立てで。

本場讃岐の老舗「宮武製麺所」の生地を使用したうどん。瀬戸内海産のイリコをふんだんに使ったダシが、香ばしい。最近でこそ普及した「冷やかけ」が通年食べられるとあって、即決定。シンプルにネギとおろしショウガを薬味にすれば、スッピンとも言える素朴な讃岐の味が堪能できる。コシのしっかりした太めのうどんに、イリコの風味が絡み、そこに合わせたいのがカラリと揚げられた天ぷらたち。外せないのがもっちりとした竹輪天、そして大阪らしく紅生姜天。この紅生姜天が個性的で、タマネギとかき揚げにした迫力ある一品だ。ふっくら炊き上げたご飯のおにぎりもお試しを。

うどん

宮武讃岐うどん
お問い合わせ : 06-6371-4545
  • ※記載の価格は2021年4月時点の消費税を含む総額表示です。
  • ※店内飲食とテイクアウトでは税率が異なります。
  • ※記載の内容は2021年4月時点の内容です。
  • ※最新の営業時間についてはHPをご確認の上、ご来店ください。